不妊治療

すべて

みなさんこんにちは😃本日のご訪問ありがとうございます😆

みなさんの中には、不妊に悩んでらっしゃる方もいると思います。

不妊にはいろいろな原因がありますが、中には治療によって妊娠に結びつくこともあります。

わたしたち夫婦も不妊に悩んでいた時期もあり、一定期間治療をしていました。結果として子どもを授かることはありませんでしたが、状況が改善した時期もありました。

わたしたちの経験が、これから妊活される方に、情報として役に立つことがあればと思い、今回のテーマにしました。

わたしたちが妊活を始めたのは、結婚して少し経ってです。今から3年半くらい前になります。なかなか子どもができなかったため、産婦人科で相談することにしました。

原因はわたしと家内の両方にありました。

わたしの精子に活力がなく、自力で卵子にたどり着くことができない状態でした。

そのため、自然妊娠が難しいのです。

家内の方は、卵の中身が空のことが多いとのことでした。

そのため、人工的に受精してあげることになりました。

これは、定期的に通院して卵の成長状況を見ながら、適切な大きさになった段階で卵を取り出します。

同日に精子も提出して、人工的に合体させるのです。

このときまで卵に中身があるのかはわかりません。

もし空なら、今回は失敗になりますし、中身が有れば、経過を観察することになります。

われわれは2年半ほど続けましたが、その間に5回くらいは途中までうまくいきました。

結局途中で成長が止まってしまったため、妊娠には至りませんでした。

ただ、人によってはうまく行く方もいると思います。

ただ、卵の成長を促進するために、家内は毎週薬を飲んでいましたが、これが体調に大きく影響していました。

その影響は人によると思いますが、家内はかなり体調を崩していました。ときには一日中起き上がれない日もあったくらいです。わたしにはただそばにいて、食事や掃除などできることをすることや、明るい声かけしかできませんでした。

強い女性でしたので、乗り切ることができたと思いますが、逆の立場ならと考えると不安です。

そのくらい身体への影響は大きいので、よく考えた方がいいと思います。

ちなみに治療はひと月10から20万の間くらいかかっていたと思います。どの段階まで進むかによって金額は変わりますので、月によって大きく変わります。

結果として、子どもを授かることはありませんでしたが、やるだけのことはやったため、納得できました。

お金の問題もあるため、おすすめはしませんが、大切なのは、一度の人生に後悔を残さないことです。自分の出せる範囲内で納得ができるのなら、選択肢として考えるのはいいと思います。

ただし、妊活は2人の信頼と協力がとても大切ですので、しっかり話し合いはすべきだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました