決断力の高め方

すべて

みなさんこんにちは😃本日のご訪問ありがとうございます😆

今日はいろんなところで春が訪れましたね🌸愛知県の、小学生は今日が卒業式だったようですね😆町は式から帰るお父さんとお母さんの姿がたくさん見れました♪

また、公立高校の合格発表も今日だったみたいで、ランチの時にわたしの後ろの席で食事をしていた親子は合格を噛み締めながら素敵な時間を過ごしていました😆

来月からは新たな門出。ぜひ希望に満ちた一歩を踏み出してください😆

さて、今日のテーマは『決断力』です。

日本人は同調することに慣れているため、自分で何かを決断することが苦手であるとはよく言われています。

実際に、飲食店で誰かが最初に注文をすると、

「わたしも同じものをください。」

なんて続くことはよくあります。

波風が立たないと言う点では、とても効果的ですが、これが癖になると、決断力が鈍ることも事実です。決断できないと言うのは、それに慣れていないことが大きいのです。

そこで、相手の気持ちを荒立たない範囲で、小さなことから自分で決めることを意識するのです。

「わたしはこれにする。」と。

たとえ、その決断が他の人と同じことでも、

「わたし『も』それにする」ではなく、

「わたし『は』それにする」と言うのです。

人の脳は自分が放った言葉に反応するため、このような言い回しの違いでも、自分の決断と思い込むものです。

また、通勤路や通学路もいつも同じところを進むのではなく、

「今日はこの道を通る」と、決めて行動するといいでしょう。

小さなことではありますが、このことが大きな違いを生むのです😆

コメント

タイトルとURLをコピーしました